金物屋のお姉さんのブログ

管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ七尾のお祭りといえば、日本一のでか山で有名な青柏祭です。、1473年能登畠山氏3代城主義統

(よしむね)の頃京の都の祇園山鉾にならって、国祭りの青柏祭に曳山(山車)を奉納したのがでか山の

始まりと伝えられています。江戸時代の一時期には、曳山の高さは18メートルもあったそうです。

現在では、12メートルの高さになり、クレーン車を使って組み立てていますが、江戸時代人間の力だけ

でどのように組み立てていたのか想像を絶しますね。釘は一本も使ってなく、昔はツルで

現在では、ロープで組み立てているそうですよ。


IMG_3997_R.jpg


IMG_3998_R.jpg


IMG_3999_R.jpg

これで、むしろ山の出来上がりです。この後幕が張られ、その年の人形が飾られ、本番になります。

IMG_4013_R.jpg


↑の写真は巨大な曳山を方向転換させる辻廻しのシーンです。長さ8メートルの大梃子(おおてこ)に

若連中が鈴なりになって曳山の前車輪を浮かせ、地車を入れて辻を曲がります。(外人さんも参加して

いましたよ)
IMG_4016_R.jpg


IMG_4015_R.jpg


お天気も良く最高の人出でした。

IMG_4017_R.jpg


5月3.4.5日の三日間は朝に夜に木やりの声が七尾の街にコダマして子供も大人もワクワクします。

お祭りっていいものですね。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hartskitani.blog123.fc2.com/tb.php/30-1e16c350
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。