金物屋のお姉さんのブログ

管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
七尾に嫁いで覚えた料理の一つに鱈の粕あえがあります。


金物屋の祖母がお料理上手で「鱈は捨てる所はないんだよ」と作っていたのがこれ


IMG_3638_R.jpg


鱈のカゲやエラのところを濃いめの塩に2~3日漬けておきます。

次に沸騰したお湯の中にくぐらせます。

IMG_3640_R.jpg


大根は包丁で細く切ります。軽く塩をして手で絞り水分をぬきます。

鍋に水、粕、だしの素を適宜入れ弱火で練り冷ましておきます。

IMG_3639_R.jpg


絞っておいた大根を鍋にいれ混ぜ合わせます湯通ししておいた鱈も鍋へ…



IMG_3641_R_R.jpg


IMG_3642_R_R.jpg


いまでは、大好物の一品です。

下戸の家に育ったのですが、金物店では、母も祖母もお酒が好きで、おしゃべりが大好きな

賑やかな女性でしたので、つられて飲めるようになりましたね。

冬の能登にはおいしいものがたくさんあります。鰤、鱈、甲箱カニ、なまこ、しらこ、イカの黒

作り…(菊姫、宗元、上機嫌、八海山、今日はどれにしようかな~






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
美味しかったわ♪
レシピのせていただいて、嬉しいi-237
作ってみますね。
2008/02/18(月) 18:30:10 | URL | ゆきやなぎ #-[ 編集]
ゆきやなぎさんのお宅もお酒が大好きでしたよね。酒の肴の一品としてぜひどうぞv-206
2008/02/19(火) 23:13:14 | URL | 芝桜 #PdoZQN3w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hartskitani.blog123.fc2.com/tb.php/16-c6ab860e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。