金物屋のお姉さんのブログ

管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は日曜日、この間作ったコロッケおいしかったね~という事で、お昼はコロッケに決まり娘と二人コロッケ作りです。

IMG_4183_R_R.jpg


IMG_4185_R_R.jpg


チーズを入れたのも作ろう

IMG_4186_R_R.jpg


明日から中間テストの娘ですが、おいしいコロッケが食べたくて自主参加♪

IMG_4187_R_R.jpg


なんと、21個もできました。「一人7個たべれるね」と娘

IMG_4188_R_R.jpg


チーズもトロ~リとおいしそう

おかわりして、一度に6個食べた娘でした。  これで、明日からのテスト頑張られるね
スポンサーサイト
朝起きて、洗濯物の籠の中をみる

IMG_4182_R_R.jpg


やっぱり無い。洗濯物が無い。ということは、お風呂に入ってない。ということだ

あれだけ「お風呂にはいってよ~といったのに、プンプン

IMG_4180_R_R.jpg


いつものことながら靴下も脱ぎっぱなし…テレビ見ながらうたた寝した後が…

IMG_4181_R_R.jpg


すべて脱ぎっぱなしで出かけてしまった。

これを見た娘が、「困った長男だね~」と。一言…
今日は日曜、いいお天気です。

雲ひとつない、風もない、こんな日は、ゴルフ日和ですね~


IMG_4179_R.jpg


最近の女子プロゴルファーの人気の高さと、ゴルフのコンペだというと、 仕事だ。と言い

ながら、嬉しそうにでかける社長を眺めていて、…私もゴルフをするぞと思い立ってはや、

2年、何度かゴルフ教室にも通ったのですが…昨年の秋に左肘が腱鞘炎になりゴルフバックは、ずーと

家の中…


IMG_4176_R.jpg


最近は、テレビを見ながらパットの練習をしています。そうです、まだアキラメテハいないんです。

社長は「もうしないんやろー」とか娘たちに言っているそうですが、遠くまで飛ぶ練習が出来なくても

パットを1打ずつへらせば18スコアが上がるものね~と、希望を持って頑張りましょう


IMG_4177_R.jpg


金物店では第3回木谷金物杯のゴルフコンペを7月3日(木)に開催します。

昨年始めて参加した私のスコアはボーリングだと大喜びの数字でしたね。

そろそろバックを出してきて、打ちっぱなしの練習も始めなくては…今回は笑いながらまわりたいな~
昨日は母の日でした。今年の母の日は子供たちは何を考えてくるかな~と内心チョット期待しながら(今までは、お花を贈ってくれたり、夕飯を作ってくれたり、お掃除をしてくれたり…)

でも、今わが家にいる娘は、中学三年の娘一人、京都で春からCheer Diningというイタリアンレストランでデザート作りに励んでる長女、美容師を目指し東京の学校へ行った二女、この二人は家にいないから家事はしてくれないし、二人とも金欠病だろうから、プレゼントも期待できないし…(まぁ、親に心配かけずにいてくれればなによりだわ

そんな長女から真夜中に電話があり、お母さん明日お花届くからね~と嬉しそうな声、えーありがとうありがとう(明日が母の日だって知ってたんだー)

IMG_4145_R.jpg


新種のカーネイションのお花が届きました。シックな色合いなので配送の際に折れていたのは、藍の器に入れて飾ってみました。

IMG_4147_R.jpg


仕事も忙しいらしく、引越しした部屋もきれいに片づいてないって言ってたのに…と不思議におもいメッセージを読むとオーナーの直美さんの御配慮で…と書いてあります。
どうやら、オーナーの方が娘の名前で送るようにと、娘にプレゼントしてくれたようです。

それを聞いて喜びは倍になりました。安心しました。職場で一生懸命頑張っているんでしょう、皆さんになじんで可愛がってもらっているんでしょう。と…

直美さんありがとうございました。娘がお世話になっている間に、ぜひ主人とおいしいイタリアンを食べにうかがいますね。

二女からは色つき文字やら絵文字やらの感謝の言葉とこれからも援助をヨロシク(笑)というメールが送られてきました。

三女は夕飯を作ってくれました。そして、「いつもありがとう。これからも宜しくお願いします。」の言葉

うれしい
母になれて良かったとつくづく思った一日でした。さぁ私も入院している母の喜ぶ顔を見に行きましょう
ここ七尾のお祭りといえば、日本一のでか山で有名な青柏祭です。、1473年能登畠山氏3代城主義統

(よしむね)の頃京の都の祇園山鉾にならって、国祭りの青柏祭に曳山(山車)を奉納したのがでか山の

始まりと伝えられています。江戸時代の一時期には、曳山の高さは18メートルもあったそうです。

現在では、12メートルの高さになり、クレーン車を使って組み立てていますが、江戸時代人間の力だけ

でどのように組み立てていたのか想像を絶しますね。釘は一本も使ってなく、昔はツルで

現在では、ロープで組み立てているそうですよ。


IMG_3997_R.jpg


IMG_3998_R.jpg


IMG_3999_R.jpg

これで、むしろ山の出来上がりです。この後幕が張られ、その年の人形が飾られ、本番になります。

IMG_4013_R.jpg


↑の写真は巨大な曳山を方向転換させる辻廻しのシーンです。長さ8メートルの大梃子(おおてこ)に

若連中が鈴なりになって曳山の前車輪を浮かせ、地車を入れて辻を曲がります。(外人さんも参加して

いましたよ)
IMG_4016_R.jpg


IMG_4015_R.jpg


お天気も良く最高の人出でした。

IMG_4017_R.jpg


5月3.4.5日の三日間は朝に夜に木やりの声が七尾の街にコダマして子供も大人もワクワクします。

お祭りっていいものですね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。